自動車保険 一括見積もり 通販型 ダイレクト系

インターネットで加入する通販型任意自動車保険とは

通販型任意自動車保険とは、インターネットやコールセンターで任意自動車保険の契約が完結する任意自動車保険のことです。

 

通販型任意自動車保険、もしくはダイレクト型自動車保険等、呼び方は様々です。

 

交通事故対応の拠点を全国各地に設けず、主要都市にのみ、その交通事故対応拠点をもっています。

 

しかし通販型任意保険会社によっては、アウトソーシング等で交通事故の現場に急行する交通事故急行サービスを設けているので、万が一事故に遭遇した際でも安心です。

 

さらに各社スマートフォンの独自アプリやマイページを持ち、契約状況や交通事故の交渉状況などが常に把握できるようになっているのも特徴です。

 

代理店や営業担当者を省き、サービス拠点を必要最低限にし、さらに保険証券まで電子化することで経費を削減しています。

 

その経費を保険料に還元し、従来型の代理店型任意自動車保険より大幅に保険料を安くしているのです。

 

その一方で「任意自動車保険のことは○○さん」といった昔ながらの代理店担当者や営業担当者が存在しないため、それに慣れている人にとってはいささか不安に感じるかもしれません。

 

主な通販型任意自動車保険は下記の通りです。

 

  • SBI損害保険 (2009年〜2015年の週刊ダイヤモンド自動車保険料ランキング第1位)
  •  

  • ソニー損保 (ダイレクト自動車保険12年連続売上第1位)
  •  

  • アクサダイレクト (事故報告から2時間以内に事故担当者をお知らせ)
  •  

  • アメリカンホームダイレクト (事故対応満足を9割以上達成する、事故対応力)
  •  

  • イーデザイン損保 (東京海上グループの事故解決品質で確かな安心)
  •  

  • セコム損保 (セコムの緊急対処員が事故現場まで緊急急行するサービスあり)
  •  

  • セゾン自動車火災保険 (おとなの自動車保険で40代、50代の保険料が安い)
  •  

  • そんぽ24 (損保ジャパン日本興亜の全国ネットワークと連携、充実したサービスを提供)
  •  

  • チューリッヒ損害保険 (シンプルな商品構成で、契約手続きは全てインターネットで完結)
  •  

  • 三井ダイレクト (損保収入保険料国内No.1のMS&ADインシュアランスグループの一員)

 

※ 順位不同

通販型任意自動車保険のメリット

通販型任意自動車保険のメリット1

同等契約内容で、代理店型任意自動車保険の半額程度で加入できる事がある。

 

通販型任意自動車保険のメリット2

保険契約が電話かインターネットで簡単に申し込める。

 

通販型任意自動車保険のメリット3

スマートフォンアプリやPC等で契約内容や事故の交渉状況が気軽に確認できる。

 

通販型任意自動車保険のメリット4

営業担当者等、他人に気を遣う事なく自分のペースで任意自動車保険の比較検討ができる。

 

通販型任意自動車保険のメリット5

自分の意思で交通事故の示談交渉を交通事故担当者を介して進めることができる。

 

通販型任意自動車保険の最大のメリットは何といっても保険料の安さでしょう。

 

現在、代理店型任意自動車保険に加入されている方は一度、無料一括見積もりを取られることを強くお勧めいたします。

 

また通販型任意自動車保険の上記以外の特徴やメリットとして、諸々の契約手続きや、交通事故の示談交渉の進捗や報告のやり取りなど、契約者とのコミュニケーションにメール対応にも手厚く対応している事が挙げられます。

 

交通事故の示談担当者のサービスセンターは平日の朝9時から17時、もしくは18時までしか電話が繋がらないのが一般的です。

 

そこで便利なのがメールによる対応、もしくは各通販型任意保険会社のホームページ上のマイページです。

 

通販型任意自動車保険会社は、オンラインサービスに特化しているので、忙しい方や煩わしい電話が苦手な方には、まさにうってつけなのです。

通販型任意自動車保険のデメリット

通販型任意自動車保険のデメリット1-1

自身が事柄を選んで契約完結までを行う、インターネットによる契約となるため自己責任が伴う。

 

契約時、保険会社の契約手続き部署と相談はできるものの、契約内容は自身できちんと把握する必要がありますし、吟味する必要があり、それを煩わしく感じる方がいるかもしれません。

 

また、交通事故に遭遇してしまった際には代理店による初動対応が受けれないので、現場対応にある程度の自立心が求められます。

 

これらも踏まえ、代理店型任意自動車保険での契約保険料との費用対効果を考慮し、どちらの方が自身のニーズに沿うか判断してから契約に踏切るのがよいでしょう。

 

 

通販型任意自動車保険のデメリット1-2

代理店型任意自動車保険の最大のメリットが代理店対応サービス。

 

家族構成や年齢、ライフスタイルなど、各々に沿った契約内容の提案や、交通事故遭遇時の初期対応や解決までのアドバイス、経過連絡が主な代理店対応サービスです。

 

また、任意自動車保険を使わないような小さい接触事故の相談等も対応するのが、代理店の本来の姿です。

 

これらの代理店対応サービスがダイレクト型任意自動車保険だと受けられないので、その費用対効果等判断する必要があります。

 

 

通販型任意自動車保険のデメリット1-3

窓口は時間制約のあるコールセンター、常に担当者とやりとりできる訳ではない

契約時や交通事故対応時、いずれも対応するのは専門のコールセンターです。

 

どのダイレクト型任意自動車保険会社のコールセンターにも時間的制約があります。

 

コールセンターの営業時間は一般的に、平日午前9時から17時前後までです。

 

担当者といつでも携帯電話でやり取りできるわけではありません。

 

一方、代理店型任意自動車保険では代理店担当者と携帯電話で、常識的な時間内であればコンタクトがとれるのが一般的です。

 

話を今すぐ担当者に聞いてほしい、今すぐ何らか対応してほしい、諸々相談に乗ってほしい等、時間的融通が利くのは代理店型任意自動車保険です。

 

ダイレクト型任意自動車保険会社にも時間外対応部署はあるものの、正規の担当者が対応してくれるわけではないので、一般的な対応しか期待はできないでしょう。

 

 

通販型任意自動車保険のデメリット1-4

一番のコストは人件費。担当者1人当たりの担当事故件数が多い。

ダイレクト型任意自動車保険会社は効率的な人員配置をし、諸々のコストを抑えることで代理店型任意自動車保険より格段に安い保険料を実現しています。

 

一番のコストは人件費です。

 

少ない人員を効率的に配置することで人件費を抑えているので、必然的に担当者一人当たりの担当事故件数、担当契約件数が多いのが一般的です。

 

当然、一件あたりのコンタクト周期のスパンが長くなるので、事故解決まで時間がかかることが往々にして考えられます。

 

また、代理店型任意自動車保険の場合は契約者と保険会社担当者との間に代理店担当者が介入していますので、進捗遅れも未然に防げる可能性が高まります。

 

ダイレクト型任意自動車保険の場合は、契約者と保険会社担当者とだけで交通事故の解決まで進捗させるので、当然進捗遅延が発生しやすくなってしまいがちです。

 

ダイレクト型と代理店型の違い

通販型任意自動車保険を選ぶ際のポイント

保険料だけで判断されがちですが、内容やサービスなどもきちんとおさえましょう。

 

  • 自分のニーズに合った保険内容が提供されるかどうか。
  •  

  • 交通事故に遭遇した際のサポート体制や、サービスセンターの数等の確認。
  •  

  • サポートデスクなど何かあった時の連絡手段のバリエーションの数や、連絡可能時間帯の確認。(12:00〜13:00まで昼休憩と称し留守番電話に自動で切替わる通販自動車保険会社もある。)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめの任意自動車保険一括見積りサイトはこの2社!


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 駅地下やイオンモールでよく見かける『保険見直し本舗』の株式会社ウェブクルーが運営。

  • 見積可能社数 16社
  • 所要時間目安 3分
  • 利用者累計 400万人
  • 運営開始 1998年

メガ損保3社や主要ダイレクト系損保はもちろん選択可能。

また、他の任意自動車保険一括見積もりサイトにはない全労済の見積もりも取れる老舗任意自動車保険一括見積もりサイト。

サイト自体とても作りこまれていて非常に使いやすく、ストレスを感じることなく見積りをとることができました。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 SBI損保を運営しているSBIホールディングスが運営元。

  • 見積可能社数 20社
  • 所要時間目安 5分
  • 利用者累計 900万人
  • 運営開始 2000年

SBIホールディングスだからといってSBI損保を勧めてくるわけではないのでご安心を。

SBIホールディングスは任意自動車保険以外に生命保険やペット保険の一括見積もりサービスも運営しています。

従ってサイト自体がシンプルで洗練されていて、実際に見積もりを取ってみたがストレスを感じなかったので自信をもってお勧め致します。

自動車保険見積もりのインズウェブ 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険で実際見積りを取ってみました!


基本的には選択形式なので、各項目の選択肢を選んでいくだけです。

手元に車検証があった方がスムーズに進めることができました。

時系列のスクリーンショットを掲載します。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険のトップページです。

あなたの車のメーカーを選んで、『見積もり依頼スタート無料』をクリックすると、次のページから見積もり入力がスタートします。
保険スクエアbang! 自動車保険の2ページ目です。

現在の自動車保険の加入状況と車種、年式を設定して次に進みます。


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の3ページ目です。

ここではマイカーの車検証を見ながらマイカーの型式を選択しナンバープレートを入力していきます。

Q:ナンバープレートの登録は必要なの?
A:車両を登録した地域(管轄の陸運事務局)によって、保険料算定に必要な係数(地域別料率)が異なる為、見積もりをする上で必要となります。

沖縄県が最も保険料が安く、逆に最も保険料が高いのは愛知県です。
保険スクエアbang! 自動車保険の4ページ目です。

この時点で全行程の60%が終了しました。

ここでは現在の等級や満期日等、現在の契約内容を選択します。

ここまでのほとんどが選択形式なので迷うことなくサクサク進む感じです。

選択が済めば次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の5ページ目です。

ここでは車の所有者を選択します。

さらに、記名被保険者を選択します。

記名被保険者とは保険の対象者のことを指します。

契約者=保険料を支払う人であって、必ずしも契約者=記名被保険者にする必要はありません。

各所選択し次に進みます。
保険スクエアbang! 自動車保険の6ページです。

ここでは運転する最年少者の年齢を選択します。
年齢条件に満たない人が運転して交通事故に遭遇した場合は保険が無効になる場合がありますので、慎重に選択しましょう。

さらに、具体的な保険内容を選択していきます。

『?説明』や『参考データ』をクリックすると別ウィンドウで該当箇所の説明や参考データが表示されるので、わからないことがあっても安心です。

選択後は次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険最終ページです。

見積もり結果はウェブ上ですぐ確認することができます(右画像参照)

保険会社によっては郵送物で送られてきたり、メールで送られてきたりしますが、これらは確認画面がありますので、不要な場合は省くこともできます。
保険スクエアbang! 自動車保険の見積もり結果です。

最低保険料がSBI損保の53,110円で、最高保険料がイーデザイン損保の124,180円でした。

何とその差71,070円でした。

保険会社によってこんなにも保険料に差が出るとはかなり驚きでした。

一括見積もりやってみてよかったと思います。
保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
なんと最安値保険料と最高値保険料の差額が71,070円でした。

自動車保険会社によってこんなにも差が出るとは正直すごく驚きました。

あなたも保険料がいくら安くなるのか確認しましょう。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイトはこちら!

通販型任意自動車保険とは関連ページ

代理店系自動車保険とは