一括見積もりで自動車保険を効率的に安くする方法

自転車での交通事故に備えてますか?

あなたは自転車の保険に加入していますか。

 

家族の誰かが自転車に乗っているなら、任意自動車保険には必ず自転車に関する特約を付帯するようにしましょう。

 

自転車は道路交通法上、車両一種の軽車両です。

 

法律違反を犯し交通事故を起こせば自転車でも刑事責任が問われますし、交通事故の相手に怪我をさせた場合や、相手の何かを破損してしまった場合は民事上の損害賠償責任も発生します。

 

自転車は自動車と比べると交通弱者となり優先措置が取られますが、自転車だから賠償責任が生じない、自転車に当てた自動車が全部一方的に悪いというのは昔の話です。

 

自転車を運転中に歩行者に怪我を負わせてしまった場合、怪我の程度によっては多額の賠償金の支払い義務が生じる場合があり、ニュースを見ていても、自転車と歩行者との接触事故でどちらか一方が死亡したケースや、後遺障害が残ったケース等、高額な賠償金の支払い義務が課せられたケースが多々取り上げられています。

 

一方でバイクや自動車と接触した場合であっても当然賠償義務が生じます。

 

原則的に交通事故の場合は、互いの過失割合に応じて互いの損害金額を支払いあう過失相殺による解決となるので、交通事故の相手に対して賠償金の支払い義務が課せられるのです。

 

自転車を運転中に交通事故を起こしても、逃げればいいやとか、知らん顔をして走り去ってしまえばいいや等、自転車での交通事故に対し考えの甘い方がいますが、無責任な行動はかなりの確率で発覚します。

 

昨今は、ドライブレコーダーを搭載しているバイクや自動車が増加していますし、周辺な防犯カメラがいたるところに設置されているからです。

 

当サイト管理人も日々日常交通事故の対応をしている上で、自転車運転中に当て逃げしたが防犯カメラで当て逃げが発覚してしまった、相手の自動車のドライブレコーダーで録画されていて当て逃げしたものの後日に警察が家に来た等、当て逃げして後からそれがばれてしまい、更に自転車保険や自転車特約、個人賠償特約等に加入していないので八方塞がりになってしまった契約者の対応をすることが多々あります。

 

各都道府県市区町村の自治体で自転車保険加入の義務付けが開始されていることからも、自転車保険、自転車特約、個人賠償特約等への加入は今後一般化してくるでしょう。

 

しかしながら、まだまだ自転車運転中の交通事故を軽視している方が非常に多いです。

 

ここでは、自転車運転中の交通事故による相手への賠償のことや、賠償をする上で必要な自転車特約や自転車保険、個人賠償特約についてわかりやすくまとめましたので、ぜひ自転車での交通事故に対する備えをご検討いただけたらと思います。

自転車に乗っている際に考えないといけないリスクのこと

自転車運転中の交通事故も自動車運転中の交通事故でも、考えられるリスクは同じで、下記の通りです。

  • 相手の物理的な損害
  • 相手の身体的な損害
  • 自分の物理的な損害
  • 自分の身体的な損害

そしてこれらの解決策は下記の通りです。

 

相手の物理的な損害・相手の身体的な損害

自動車保険に個人賠償特約や自転車特約を付帯することで解消できる。
(各任意自動車保険会社によって名称が異なり、個人賠償責任特約、個人賠償責任補償特約、日常生活賠償特約、日常生活個人賠償責任保障特約等がある)

 

自分の物理的な損害

少額短期保険に別途加入で解消できる。
(au損保のスポーツサイクル専用車両・盗難保険『すぽくる』、SBI日本少額短期保険株式会社のみんなのスポーツサイクル保険)

 

自分の身体的な損害

自動車保険の人身傷害保険の適応範囲を拡大する特約を付帯することで解消できる。
(自動車との交通事故以外でも対応できる特約があればそれをお勧めする)

自動車保険に付帯できる特約は相手への賠償と自身の傷害保険だけ

各任意自動車保険会社を調べた結果、任意自動車保険に付帯できるのは相手へ賠償するための特約と、ご自身の怪我についての特約の2つでした。

 

一方で、自身の自転車の修理費用を補償する特約はどの任意自動車保険会社の特約にもラインナップされていませんでした。

 

自身の自転車の修理費用を補償する保険は、任意自動車保険には付帯できませんが、単体で加入する車両専用保険という保険であれば自身の自転車についての補償もうけられるようになります。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめの任意自動車保険一括見積りサイトはこの2社!


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 駅地下やイオンモールでよく見かける『保険見直し本舗』の株式会社ウェブクルーが運営。

  • 見積可能社数 16社
  • 所要時間目安 3分
  • 利用者累計 400万人
  • 運営開始 1998年

メガ損保3社や主要ダイレクト系損保はもちろん選択可能。

また、他の任意自動車保険一括見積もりサイトにはない全労済の見積もりも取れる老舗任意自動車保険一括見積もりサイト。

サイト自体とても作りこまれていて非常に使いやすく、ストレスを感じることなく見積りをとることができました。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 SBI損保を運営しているSBIホールディングスが運営元。

  • 見積可能社数 20社
  • 所要時間目安 5分
  • 利用者累計 900万人
  • 運営開始 2000年

SBIホールディングスだからといってSBI損保を勧めてくるわけではないのでご安心を。

SBIホールディングスは任意自動車保険以外に生命保険やペット保険の一括見積もりサービスも運営しています。

従ってサイト自体がシンプルで洗練されていて、実際に見積もりを取ってみたがストレスを感じなかったので自信をもってお勧め致します。

自動車保険見積もりのインズウェブ 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険で実際見積りを取ってみました!


基本的には選択形式なので、各項目の選択肢を選んでいくだけです。

手元に車検証があった方がスムーズに進めることができました。

時系列のスクリーンショットを掲載します。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険のトップページです。

あなたの車のメーカーを選んで、『見積もり依頼スタート無料』をクリックすると、次のページから見積もり入力がスタートします。
保険スクエアbang! 自動車保険の2ページ目です。

現在の自動車保険の加入状況と車種、年式を設定して次に進みます。


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の3ページ目です。

ここではマイカーの車検証を見ながらマイカーの型式を選択しナンバープレートを入力していきます。

Q:ナンバープレートの登録は必要なの?
A:車両を登録した地域(管轄の陸運事務局)によって、保険料算定に必要な係数(地域別料率)が異なる為、見積もりをする上で必要となります。

沖縄県が最も保険料が安く、逆に最も保険料が高いのは愛知県です。
保険スクエアbang! 自動車保険の4ページ目です。

この時点で全行程の60%が終了しました。

ここでは現在の等級や満期日等、現在の契約内容を選択します。

ここまでのほとんどが選択形式なので迷うことなくサクサク進む感じです。

選択が済めば次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の5ページ目です。

ここでは車の所有者を選択します。

さらに、記名被保険者を選択します。

記名被保険者とは保険の対象者のことを指します。

契約者=保険料を支払う人であって、必ずしも契約者=記名被保険者にする必要はありません。

各所選択し次に進みます。
保険スクエアbang! 自動車保険の6ページです。

ここでは運転する最年少者の年齢を選択します。
年齢条件に満たない人が運転して交通事故に遭遇した場合は保険が無効になる場合がありますので、慎重に選択しましょう。

さらに、具体的な保険内容を選択していきます。

『?説明』や『参考データ』をクリックすると別ウィンドウで該当箇所の説明や参考データが表示されるので、わからないことがあっても安心です。

選択後は次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険最終ページです。

見積もり結果はウェブ上ですぐ確認することができます(右画像参照)

保険会社によっては郵送物で送られてきたり、メールで送られてきたりしますが、これらは確認画面がありますので、不要な場合は省くこともできます。
保険スクエアbang! 自動車保険の見積もり結果です。

最低保険料がSBI損保の53,110円で、最高保険料がイーデザイン損保の124,180円でした。

何とその差71,070円でした。

保険会社によってこんなにも保険料に差が出るとはかなり驚きでした。

一括見積もりやってみてよかったと思います。
保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
なんと最安値保険料と最高値保険料の差額が71,070円でした。

自動車保険会社によってこんなにも差が出るとは正直すごく驚きました。

あなたも保険料がいくら安くなるのか確認しましょう。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイトはこちら!