一括見積もりで自動車保険を効率的に安くする方法

対物賠償保険の限度額無制限は損?

任意自動車保険会社のテレビCMでよく、対人対物無制限でこの価格〜・・・って流れてますよね。

 

この対人対物賠償無制限は妥当なのでしょうか。

 

 

交通事故の相手に何等か怪我を負わせてしまい後遺障害が残ってしまったり、亡くなったりした場合も考えると、交通事故の相手の怪我の補償をする対人賠償保険の限度額無制限は納得できますね。

 

しかし、対物賠償保険の限度額無制限は本当に適切なのでしょうか。

 

対物賠償保険は必ず無制限である必要はない

 

ご自身の住んでいる場所と使用範囲から対物賠償保険の限度額を検討してみましょう。

 

例えば、東京の都心部近辺に居住し毎日都心部まで通勤している人なら間違いなく対物賠償保険は無制限がいいでしょう。

 

毎日の通勤経路には恐らく無数の建物群に無数の自動車やバイクが走り、その中には高級車も複数見られるはずです。

 

交通量が多いところでは二次衝突の可能性もありますから、単純に1対1の交通事故というわけにはいかないかも知れません。

 

では逆に田舎の農村地ならどうでしょうか。

 

通勤と言っても近くの畑に行くだけで、家屋もまばらな道中は田んぼと畑だけで、自動車もほとんど通らないし、まして高級車なんてもってのほか。

 

この状況下なら対物賠償保険無制限は少し大袈裟のように感じますし、ひょっとしたら500万円までの対物賠償保険限度額でもいいのかも知れません。

 

ご自身の使用用途や使用環境で、もし交通事故に遭遇した際、何に対してどれくらい賠償する可能性があるのかを検討すると、対物賠償保険の限度額の適正金額が見えてくると思います。

 

実際の交通事故での賠償額から考察する

 

実際に任意自動車保険会社は、対物賠償保険を保険金としていくら支払っているのでしょうか。

 

それは損害保険料率算出機構のサイトで確認することができます。

 

損害保険料率算出機構による対物賠償をする上での認定金額、2016年度の統計は、301,278円でした。

 

この301,278円の内訳は下記の通りです。

 

なお過失割合のある交通事故の場合は、自身の過失割合を相手の損害認定金額に乗じた金額を支払うことになります。
(仮に自身の過失割合が80%の場合、301,278円×80%=241,022円を相手に支払うことになります。)

 

修理費費用目 認定損害額単価 構成比
対物賠償 部品費 127,423円 42.3%
工賃費 58,240円 19.3%
塗装費 51,474円 17.1%
間接損害 45,056円 15.0%
その他 19,085円 6.3%
合計 301,278円 100%

※参考 損害保険料率算出機構

あくまで統計ですから、中には1,000万円支払っている案件もあるでしょうし、50,000円だけしか支払っていない案件もあると思います。

 

また、突出して高額な損害金額を認定された過去の判例も掲載されていました。

認定総損害金額 裁判所 判決年月日 被害物件
1億1,798万円 大阪地裁 平成23年12月7日 トレーラー
2,221万円 東京地裁 平成23年11月25日 ペットショップ
4,141万円 大阪地裁 平成20年5月14日 積荷
3,391万円 名古屋地裁 平成16年1月16日 大型貨物車、積荷
3,156万円 東京地裁 平成13年12月25日 4階建ビル

※参考 損害保険料率算出機構

みんなの対物賠償保険の限度額はどうなの?

対物賠償保険の限度額他の人はどうしているのか。

 

結局のところ、他の人がどうしているかとても気になるところですね。

 

下のグラフは対物賠償保険の限度額についての2017年度の統計です。

 

対物賠償保険の限度額構成比
※参考 損害保険料率算出機構

 

結局のところ、大多数が対物賠償保険の限度額は無制限で設定しています。

 

しかし、ご自身の住環境、マイカーの使用用途を考慮して対物賠償保険の限度額は検討する余地はあると思います。

 

あとはご自身の任意自動車保険会社で対物賠償保険の限度額を無制限以外にするといくら保険料金が安くなるのか、一度見積もりをしてみてから最終的な判断を下すのが望ましいですね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめの任意自動車保険一括見積りサイトはこの2社!


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 駅地下やイオンモールでよく見かける『保険見直し本舗』の株式会社ウェブクルーが運営。

  • 見積可能社数 16社
  • 所要時間目安 3分
  • 利用者累計 400万人
  • 運営開始 1998年

メガ損保3社や主要ダイレクト系損保はもちろん選択可能。

また、他の任意自動車保険一括見積もりサイトにはない全労済の見積もりも取れる老舗任意自動車保険一括見積もりサイト。

サイト自体とても作りこまれていて非常に使いやすく、ストレスを感じることなく見積りをとることができました。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 SBI損保を運営しているSBIホールディングスが運営元。

  • 見積可能社数 20社
  • 所要時間目安 5分
  • 利用者累計 900万人
  • 運営開始 2000年

SBIホールディングスだからといってSBI損保を勧めてくるわけではないのでご安心を。

SBIホールディングスは任意自動車保険以外に生命保険やペット保険の一括見積もりサービスも運営しています。

従ってサイト自体がシンプルで洗練されていて、実際に見積もりを取ってみたがストレスを感じなかったので自信をもってお勧め致します。

自動車保険見積もりのインズウェブ 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険で実際見積りを取ってみました!


基本的には選択形式なので、各項目の選択肢を選んでいくだけです。

手元に車検証があった方がスムーズに進めることができました。

時系列のスクリーンショットを掲載します。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険のトップページです。

あなたの車のメーカーを選んで、『見積もり依頼スタート無料』をクリックすると、次のページから見積もり入力がスタートします。
保険スクエアbang! 自動車保険の2ページ目です。

現在の自動車保険の加入状況と車種、年式を設定して次に進みます。


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の3ページ目です。

ここではマイカーの車検証を見ながらマイカーの型式を選択しナンバープレートを入力していきます。

Q:ナンバープレートの登録は必要なの?
A:車両を登録した地域(管轄の陸運事務局)によって、保険料算定に必要な係数(地域別料率)が異なる為、見積もりをする上で必要となります。

沖縄県が最も保険料が安く、逆に最も保険料が高いのは愛知県です。
保険スクエアbang! 自動車保険の4ページ目です。

この時点で全行程の60%が終了しました。

ここでは現在の等級や満期日等、現在の契約内容を選択します。

ここまでのほとんどが選択形式なので迷うことなくサクサク進む感じです。

選択が済めば次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の5ページ目です。

ここでは車の所有者を選択します。

さらに、記名被保険者を選択します。

記名被保険者とは保険の対象者のことを指します。

契約者=保険料を支払う人であって、必ずしも契約者=記名被保険者にする必要はありません。

各所選択し次に進みます。
保険スクエアbang! 自動車保険の6ページです。

ここでは運転する最年少者の年齢を選択します。
年齢条件に満たない人が運転して交通事故に遭遇した場合は保険が無効になる場合がありますので、慎重に選択しましょう。

さらに、具体的な保険内容を選択していきます。

『?説明』や『参考データ』をクリックすると別ウィンドウで該当箇所の説明や参考データが表示されるので、わからないことがあっても安心です。

選択後は次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険最終ページです。

見積もり結果はウェブ上ですぐ確認することができます(右画像参照)

保険会社によっては郵送物で送られてきたり、メールで送られてきたりしますが、これらは確認画面がありますので、不要な場合は省くこともできます。
保険スクエアbang! 自動車保険の見積もり結果です。

最低保険料がSBI損保の53,110円で、最高保険料がイーデザイン損保の124,180円でした。

何とその差71,070円でした。

保険会社によってこんなにも保険料に差が出るとはかなり驚きでした。

一括見積もりやってみてよかったと思います。
保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
なんと最安値保険料と最高値保険料の差額が71,070円でした。

自動車保険会社によってこんなにも差が出るとは正直すごく驚きました。

あなたも保険料がいくら安くなるのか確認しましょう。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイトはこちら!