自動車保険 一括見積もり 代理店

従来通りに加入する代理店型任意自動車保険とは?

代理店型任意自動車保険会社(本体社)と、契約者との間に営業代理店が仲介して任意自動車保険を契約するタイプです。

 

代理店は主に、町の保険代理店の看板が出てるお店や各自動車ディーラーです。

 

契約時は、その豊富な知識と経験からあなたのニーズに合った任意自動車保険を提案してくれます。

 

万が一、交通事故に遭遇した時は、代理店の担当者が可能な限りその事故現場まで駆けつけてくれ、事故の初期対応を行います。

 

代理店型任意自動車保険の保険料が、通販自動車保険より高いのは、交通事故に遭遇した時に代理店がそれらの仕事をこなしてくれることを前提にしているからです。

 

任意自動車保険の代理店は、街の自動車修理工場や、各自動車ディーラー、不動産屋などが、任意自動車保険会社と代理店契約を結び代理店として営業しています。

 

最近では、保険の窓口などの各種保険を一手に取り揃えている総合保険代理店も街でよくみかけるようになりましたね。

 

代理店は、任意自動車保険会社との契約で、単月の契約目標をはじめ、契約数、保険料、または事故件数や保険金支払金額等に応じて報酬が決まります。

 

ですから契約者が事故に遭えば、その代理店にも何かしら影響が及ぶということです。

 

保険金の支払いが少なく、契約件数が多い代理店は評価され、保険金支払いが多く、契約件数が少ない代理店は評価されない仕組みになっています。

 

ですから極稀に、代理店は支払保険金を圧縮するために、事故状況を契約者に少し有利になるように事故状況を曲げて任意自動車保険会社(本体社)に報告してしまい、事故の相手と事故状況が相違し事故解決が難航することもしばしば見受けられます。

 

また、中には任意自動車保険の知識がほとんどないにも関わらず代理店営業をしているお店もあります。

 

車両保険に加入したはずが加入していなかったとか、保険適応になる事故を保険不適応にされてしまったなど、トラブルを抱えている代理店も少なくはありません。

 

また、交通事故に遭遇した時は基本的に代理店の担当者が事故現場まで駆けつけてくれるのが一般的な仕事とされていますが、そのサービスを受けられなかったとか、交通事故の際、全く頼りにならなかったなどの話も聞きます。

 

任意自動車保険を代理店型任意自動車保険で検討されている方は、その代理店がどこまでのサービスを提供してくれるのか、通販自動車保険より高いお金を出すだけの価値があるか、信用できる知識と経験があるかなどを的確に判断する必要があります。

 

また、代理店型任意自動車保険に加入していて、交通事故の際にサービスを受けられなかった方は任意自動車保険を再検討する必要があるといえます。

代理店型任意自動車保険のメリット

煩わしい任意自動車保険のことを自分に代わり、対応してくれる。

 

交通事故に遭遇した時には事故現場まで駆けつけてくれ、交通事故の初期対応もしてくれる。

 

代理店は任意自動車保険以外にも火災保険や医療保険等を扱っているため、自動車保険以外の保険についても相談に乗ってくれる。

代理店型任意自動車保険のデメリット

保険料が通販自動車保険と比較して高額である。

 

契約時や交通事故時、代理店の意向や主張が色濃く反映されるケースがある。

 

代理店との関係をある程度良好に保つ必要がある。

代理店型任意自動車保険を選ぶ際のポイント

通販型任意自動車保険より保険料が高額な分、きちんと選びたいですね。

 

複数の任意自動車保険会社と代理店契約を結んでいるか。

 

複数の代理店契約が結べるということは契約件数も多く、長年代理店を営んでいることが予想できます。

 

また、任意自動車保険の選択肢も広がります。

 

BSサミットや、DRPなど、任意自動車保険会社と提携した修理工場を運営している代理店かどうか。

 

街の自動車修理工場が代理店をしている場合、ある程度の規模や場数を踏んでいる代理店自動車修理工場は任意自動車保険会社の提携工場になっている場合があります。

 

修理の経験も然り、交通事故対応についても豊富に経験や知識があり、万が一の事故の際には初期対応にも期待できます。

 

両親がお世話になっている代理店で契約するのは間違い?

 

両親と代理店との交流はあるが自分自身は交流がない場合、その代理店で契約するのは注意が必要です。

 

あくまで自分自身がその代理店といい関係を築いていけそうなのか、交通事故に遭った際や、契約時はきちんと対応してくれるのか、自分自身がその代理店を信頼できるのかが重要です。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめの任意自動車保険一括見積りサイトはこの2社!


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 駅地下やイオンモールでよく見かける『保険見直し本舗』の株式会社ウェブクルーが運営。

  • 見積可能社数 16社
  • 所要時間目安 3分
  • 利用者累計 400万人
  • 運営開始 1998年

メガ損保3社や主要ダイレクト系損保はもちろん選択可能。

また、他の任意自動車保険一括見積もりサイトにはない全労済の見積もりも取れる老舗任意自動車保険一括見積もりサイト。

サイト自体とても作りこまれていて非常に使いやすく、ストレスを感じることなく見積りをとることができました。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 SBI損保を運営しているSBIホールディングスが運営元。

  • 見積可能社数 20社
  • 所要時間目安 5分
  • 利用者累計 900万人
  • 運営開始 2000年

SBIホールディングスだからといってSBI損保を勧めてくるわけではないのでご安心を。

SBIホールディングスは任意自動車保険以外に生命保険やペット保険の一括見積もりサービスも運営しています。

従ってサイト自体がシンプルで洗練されていて、実際に見積もりを取ってみたがストレスを感じなかったので自信をもってお勧め致します。

自動車保険見積もりのインズウェブ 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険で実際見積りを取ってみました!


基本的には選択形式なので、各項目の選択肢を選んでいくだけです。

手元に車検証があった方がスムーズに進めることができました。

時系列のスクリーンショットを掲載します。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険のトップページです。

あなたの車のメーカーを選んで、『見積もり依頼スタート無料』をクリックすると、次のページから見積もり入力がスタートします。
保険スクエアbang! 自動車保険の2ページ目です。

現在の自動車保険の加入状況と車種、年式を設定して次に進みます。


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の3ページ目です。

ここではマイカーの車検証を見ながらマイカーの型式を選択しナンバープレートを入力していきます。

Q:ナンバープレートの登録は必要なの?
A:車両を登録した地域(管轄の陸運事務局)によって、保険料算定に必要な係数(地域別料率)が異なる為、見積もりをする上で必要となります。

沖縄県が最も保険料が安く、逆に最も保険料が高いのは愛知県です。
保険スクエアbang! 自動車保険の4ページ目です。

この時点で全行程の60%が終了しました。

ここでは現在の等級や満期日等、現在の契約内容を選択します。

ここまでのほとんどが選択形式なので迷うことなくサクサク進む感じです。

選択が済めば次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の5ページ目です。

ここでは車の所有者を選択します。

さらに、記名被保険者を選択します。

記名被保険者とは保険の対象者のことを指します。

契約者=保険料を支払う人であって、必ずしも契約者=記名被保険者にする必要はありません。

各所選択し次に進みます。
保険スクエアbang! 自動車保険の6ページです。

ここでは運転する最年少者の年齢を選択します。
年齢条件に満たない人が運転して交通事故に遭遇した場合は保険が無効になる場合がありますので、慎重に選択しましょう。

さらに、具体的な保険内容を選択していきます。

『?説明』や『参考データ』をクリックすると別ウィンドウで該当箇所の説明や参考データが表示されるので、わからないことがあっても安心です。

選択後は次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険最終ページです。

見積もり結果はウェブ上ですぐ確認することができます(右画像参照)

保険会社によっては郵送物で送られてきたり、メールで送られてきたりしますが、これらは確認画面がありますので、不要な場合は省くこともできます。
保険スクエアbang! 自動車保険の見積もり結果です。

最低保険料がSBI損保の53,110円で、最高保険料がイーデザイン損保の124,180円でした。

何とその差71,070円でした。

保険会社によってこんなにも保険料に差が出るとはかなり驚きでした。

一括見積もりやってみてよかったと思います。
保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
なんと最安値保険料と最高値保険料の差額が71,070円でした。

自動車保険会社によってこんなにも差が出るとは正直すごく驚きました。

あなたも保険料がいくら安くなるのか確認しましょう。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイトはこちら!

代理店型任意自動車保険とは関連ページ

ダイレクト系自動車保険とは