一括見積もりで自動車保険を効率的に安くする方法

先行左折四輪車(当事者A)が後続直進二輪自動車(当事者B)との接触事故

左折車両と後続直進車両との接触事故の図です

過去の裁判例では基本的に先行左折四輪車(当事者A)80%、後続直進原付(当事者B)20%が基本的な考え方となります。

 

任意自動車保険会社が参考にしている別冊判例タイムズでは、先行進路変更四輪車両(今回でいう、先行左折四輪車)と後続直進二輪車との交通事故として扱われています。

 

この考え方は、あらかじめ同一車線の前方にいた四輪車両が進路変更をすることが前提であり、他車との接触を回避するために車線変更した場合等はまた別の考え方になりますので注意が必要です。

 

ちなみにこの交通事故形態は日常業務で1週間のうち何度も対応します。

 

担当者によっては1日2件回ってくることもしばしば…それぐらい発生頻度の高い交通事故形態と言えます。

 

事故状況・概要

当事者Aの運転する国産コンパクトカーが左折する際に、左後方を直進してきた後続原付の当事者Bと接触

 

当事者A(四輪車側)の事故認識

脇道を左折しようとしたところ、左後方から直進してきた当事者Bと接触しました。

 

左後方は確認したつもりでしたが、よく確認できていなかったのかも知れません。

 

左後方の確認方法は左サイドミラーを目視確認しただけで、体をひねって左後方を目視確認したわけではありません。

 

しかし憶測ですが、当事者Bもそれなりに速度が出ていたように思いますが見ていたわけではないので具体的なところは分かりません。

当事者B(二輪車側)の事故認識

原付なので左端を走行中、ほぼ真横を走行していた当事者Aの車が突然左折してきた。

 

当事者Aがウィンカーを出していたかどうかは分からないが、出していたとしても左折と同時だと思うし、そもそも真横を走行していたのでウィンカーを出されていても確認できない位置関係と思う。

 

接触後は左側に転倒、右ハンドル周りが当事者Aの車体と接触した。

 

事故発生から事故報告までの経緯

  • 交通事故発生後警察、救急車を手配
  • 当事者Bは左手の甲、左足に擦り傷を負い、念のため当事者Bは救急搬送で病院へ搬送済。

 

双方損害状況

当事者Aは国産コンパクトカー
  • 左フロントドアに擦過傷、押込み損傷

 

当事者Bは50CC原付バイク
  • 左転倒
  • 右ミラー曲損、フロントカウル右擦過傷
  • 左側面全域に擦過傷、破損

 

双方の主張・思惑

当事者A(四輪車側)の主張・思惑

左後方確認が不十分だったので自身の過失割合は多大にあると思うが、当事者Bは速度が出ていたと思うし20〜30%くらいの過失はあると思う。

 

当事者B(二輪車側)の主張・思惑

当事者Aがほぼ100%悪いと思う。
自分はきちんと法令に従い左端を走行していただけで、まさか真横の当事者Aが何の前触れもなく左折してくるなんて想像できない。当事者Aはこちらの事に気が付いてなかった様子だったのも含めると、自分にどんな落ち度があるのか分からない。

任意自動車保険会社の対応

任意自動車保険会社の対応

過去の判例に従い、過失割合の高い側が低い側の人身対応を行います。

 

ですから今回は当事者A側の任意自動車保険会社が当事者Bの人損の一括対応(人身一括対応)を行います。

 

当事者Bは当事者Aの死角に入っており、そのまま漫然と走行を継続しており、一定の注意義務を満たしていません。

 

他方で当事者Aは自身の死角に対し注意深く確認する義務を怠っています。

 

話し合いの皮切りとしては過去の裁判例の先行左折四輪車80%、後続直進原付20%をベースに解決までの話し合いを進めていくこととなりました。

 

また、当事者Aは車両保険を付帯していました。

 

当事者Bはファミリーバイク特約による保険対応の為、対物賠償保険のみ付帯ありでした。

 

当事者A(四輪車側)損害金額
  • 国産コンパクトカー
  • 左フロントドアに擦過傷や押込み損傷があり、板金塗装による現状復旧。
  • 損害金額15万円

 

当事者B(二輪車側)損害金額
  • 50CCの原付バイク
  • 左転倒で全損
  • 時価額4.5万円

本件交通事故におけるまとめ

本件交通事故でのポイントは以下の通りです。

 

  • 当事者Aが自身の過失割合大を認識していた
  • 当事者Bは自身の過失割合が0%に近い認識だった

 

基本過失割合は当事者A80%当事者B20%です。

 

当事者Aは当事者A80%当事者B20%が概ね妥当と認識していましたが、当事者Bは当事者A90%当事者B10%くらいまでの認識しかなかったようです。

 

当事者Aの言い分である、当事者Bの走行速度が出ていたように思う、というのはそもそも根拠のない言い分で、当事者Aは後方をよく確認していないのだから信ぴょう性を欠きます。

 

当事者A自身が後方確認をした時にその場には当事者Bはいなかったが、次の瞬間に接触しているのだから当事者Bがとにかく速い速度で走行していて当事者A自身の確認範囲をあたかもすり抜けたような認識となり、結果、当事者Bの走行速度が速かったと主張しているのであって、それは当事者Aが後方確認を怠ったことの裏付けにもなりかねる主張と言えます。

 

当事者Aが当事者Bを確認し、当事者Bの動静を見ていたのであれば、当事者Aの当初の過失割合の認識は当事者A<当事者Bとなっていたことも考えられます。

 

そうなっていれば、本件交通事故の解決はもっと長引いていたことでしょう。

 

交通事故がなかなか解決しない原因はいくつかありますが、その中でも双方当事者のいずれかが基本過失割合に納得しないことが原因で解決しないケースが大半です。

 

任意自動車保険会社は契約者に対し、基本過失割合を提示し解決を促進することは可能ですが、保険料を納めている契約者に対しては強行に話すことはありません。

 

その場合は、当事者のどちらか一方が弁護士を介入させ保険会社が介入している現状から脱却し、弁護士を介入しての交渉をお勧めします。

 

今回の交通事故で当事者Aが付帯していればより安心な保険種目

 

当事者A(四輪車側)が付帯していればより安心な保険種目

対物超過修理費用特約
(当事者Bの原付バイクが物理的に修理可能であれば修理することができた)

 

当事者B(二輪車側)付帯していればより安心な保険種目

弁護士費用特約
(物損、人損、過失割合を含め弁護士に交渉を委ね、賠償金をより多く受け取ることができた)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめの任意自動車保険一括見積りサイトはこの2社!


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 駅地下やイオンモールでよく見かける『保険見直し本舗』の株式会社ウェブクルーが運営。

  • 見積可能社数 16社
  • 所要時間目安 3分
  • 利用者累計 400万人
  • 運営開始 1998年

メガ損保3社や主要ダイレクト系損保はもちろん選択可能。

また、他の任意自動車保険一括見積もりサイトにはない全労済の見積もりも取れる老舗任意自動車保険一括見積もりサイト。

サイト自体とても作りこまれていて非常に使いやすく、ストレスを感じることなく見積りをとることができました。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果2 SBI損保を運営しているSBIホールディングスが運営元。

  • 見積可能社数 20社
  • 所要時間目安 5分
  • 利用者累計 900万人
  • 運営開始 2000年

SBIホールディングスだからといってSBI損保を勧めてくるわけではないのでご安心を。

SBIホールディングスは任意自動車保険以外に生命保険やペット保険の一括見積もりサービスも運営しています。

従ってサイト自体がシンプルで洗練されていて、実際に見積もりを取ってみたがストレスを感じなかったので自信をもってお勧め致します。

自動車保険見積もりのインズウェブ 公式サイト


保険スクエアbang! 自動車保険で実際見積りを取ってみました!


基本的には選択形式なので、各項目の選択肢を選んでいくだけです。

手元に車検証があった方がスムーズに進めることができました。

時系列のスクリーンショットを掲載します。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険のトップページです。

あなたの車のメーカーを選んで、『見積もり依頼スタート無料』をクリックすると、次のページから見積もり入力がスタートします。
保険スクエアbang! 自動車保険の2ページ目です。

現在の自動車保険の加入状況と車種、年式を設定して次に進みます。


保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の3ページ目です。

ここではマイカーの車検証を見ながらマイカーの型式を選択しナンバープレートを入力していきます。

Q:ナンバープレートの登録は必要なの?
A:車両を登録した地域(管轄の陸運事務局)によって、保険料算定に必要な係数(地域別料率)が異なる為、見積もりをする上で必要となります。

沖縄県が最も保険料が安く、逆に最も保険料が高いのは愛知県です。
保険スクエアbang! 自動車保険の4ページ目です。

この時点で全行程の60%が終了しました。

ここでは現在の等級や満期日等、現在の契約内容を選択します。

ここまでのほとんどが選択形式なので迷うことなくサクサク進む感じです。

選択が済めば次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険の5ページ目です。

ここでは車の所有者を選択します。

さらに、記名被保険者を選択します。

記名被保険者とは保険の対象者のことを指します。

契約者=保険料を支払う人であって、必ずしも契約者=記名被保険者にする必要はありません。

各所選択し次に進みます。
保険スクエアbang! 自動車保険の6ページです。

ここでは運転する最年少者の年齢を選択します。
年齢条件に満たない人が運転して交通事故に遭遇した場合は保険が無効になる場合がありますので、慎重に選択しましょう。

さらに、具体的な保険内容を選択していきます。

『?説明』や『参考データ』をクリックすると別ウィンドウで該当箇所の説明や参考データが表示されるので、わからないことがあっても安心です。

選択後は次に進みます。

保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果 保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
保険スクエアbang! 自動車保険最終ページです。

見積もり結果はウェブ上ですぐ確認することができます(右画像参照)

保険会社によっては郵送物で送られてきたり、メールで送られてきたりしますが、これらは確認画面がありますので、不要な場合は省くこともできます。
保険スクエアbang! 自動車保険の見積もり結果です。

最低保険料がSBI損保の53,110円で、最高保険料がイーデザイン損保の124,180円でした。

何とその差71,070円でした。

保険会社によってこんなにも保険料に差が出るとはかなり驚きでした。

一括見積もりやってみてよかったと思います。
保険スクエアbang! 自動車保険見積もり結果
なんと最安値保険料と最高値保険料の差額が71,070円でした。

自動車保険会社によってこんなにも差が出るとは正直すごく驚きました。

あなたも保険料がいくら安くなるのか確認しましょう。

保険スクエアbang! 自動車保険 公式サイトはこちら!